スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳卒中 中国語

脳卒中の最大最高の原因となる高血圧を予防、改善する際に、敬遠して通過できないのが、塩分の制御である。食塩を取りすぎると、ナトリウムの機能で細胞外液量が増え、その結果、血液量が増え、血管内圧がアップし、末梢血管の抵抗が高まり・・・・・・血圧をアップさせて高血圧となるのである。

一過性脳虚血発作(TIA)は、ドクターの目の前でおこる事は殆どないと云えるから、患者(クランケ)ご本人が、おのれの症状を正確に自覚し、それを正確な事ばでドクターに解説する事が肝心である。

脳出血の発作は、いつ生じるか把握できない。仕事、食事、入浴、もしくは用便の最中におきる可能性が有る。興奮して心理的ストレスという心理的負荷がかかった時にも生じやすいと云われる。
血圧が高くずきんずきんとした頭痛がある、目がみえにくくなってきた、と云った症状が脳出血の発作の前触れとなる事が有るが、このような症状が何もなく、突如、生じる事も少なくないのだ。

・脳浮腫への対応をする。これは、血腫の周囲に生じた浮腫が高度に成ると、脳ヘルニアと呼称される症状を起こし、危険な状態に陥る為、グリセロール、マンニトールを投与して脳浮腫への対策を図るものである。
・消化管への出血への対応。脳出血では、出血によるストレスという心理的負荷から消化管に出血する例が少なくないためである。潰瘍治療薬(かいようちりょうやく)を静脈内に投与するか、もしくは胃チューブを通じて、投与する。
・尿路や呼吸器への感染症への対応。これらは脳卒中(脳血管障害)の重大な合併症な為、その対策は重要である。



スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。